利用上の注意点

学生免許取得目的が、いわゆる学生ローンを最初に利用するキッカケとなる若い方々は少なくありません。キャッシングサービスなる現金調達法は遥か大人達の世界の特権とのイメージだったのが、いざ自身が申し込んでみれば簡単に審査を通過から、現金やクレジットカードが手元に届く経験の中、お金を借りるという行為を軽く捉えてしまうのは非常に危険です

皆さんが学生ローンの利用という選択肢に手を伸ばされたのは、免許取得に必要な費用を自力で確保出来ない経済的事情と、このタイミングで免許を取得するのが自身の今後の人生に於いてベストだと判断されたからに違いありません。実際に元金に利息を添えて分割返済すれば、自ずと最終的な出費は必要金額プラスアルファとなり、出来ればローンは利用しないに越した事が無いのが実際のところです。ところが月々の少額の返済に負担を覚えず、これをキッカケに安易なキャッシングが日常化してしまい、結果大変な窮地に陥ってしまう学生の方々が、潜在的に少なくないのも残念な現状です。

あくまで今回はやむなく活用し、綺麗に完済で社会的責任を果たした後は、学生ローンは余程の場面以外は安易に手を出さぬ姿勢を、ぜひ経験を通じてご自身の中で確認を徹底してください。今回はあくまで運転免許証なる、ご自身の未来に必要な資格取得に際しての先行投資であり、そのためのローン活用だと捉えるべきなのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

学生ローン基礎知識

まずは免許取得目的の学生ローンの利用を申し込める窓口には、どのような種類が存在しているのかを検証してみたいと思います。ちなみに銀行に於ける運転免許ローンは他のサービスと比較して借入限度額も高めで金利が低目とメリット十分ですが、審査基準は他と比較して厳しく、未成年者や学生は申し込み不可なのが一般的ですので、ここでは除外します。

銀行最初にノンバンクすなわち信販会社系のローンですが、中には未成年者を対象に限度額を抑え目に設定したクレジットカードを発行している会社も多く、他の関連企業とタイアップした独自のポイント得点を数多く展開中です。これらのカードを用いてのキャッシングから免許取得費用への充当が可能ですが、金利は最低でも年13.0%異常と高目である点を踏まえておきましょう。

次に大学生限定となりますが、大学生協が提供する運転免許ローンの活用も一案で、こちらは実質金利も9%台と、信販会社と比較して返済時の負担は軽減されます。但し親権者を連帯保証人に立てる必要があり、中には生協が指定する合宿免許参加に対してしか審査がOKされない場合も見られるなど、大きな制約が設定されています。

これらサービスの利用に際しては、各々に見られるメリットとデメリットを十分に理解の上、何より確実に返済完了せねばならない社会的責務を自己確認の上、申し込み段階へと進む姿勢が求められます。

つづいて利用上の注意点について解説していきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket